節約マイホームで豊かな暮らし

Ryotaハウス

新築一戸建て 間取り

おすすめの間取り情報 | 一戸建てで理想の生活ができる参考・具体例

おすすめの間取り情報

「おすすめの間取り情報が知りたい。もう悩んじゃってどれが正解なのか分からない…。そもそも間取りじゃなくて『家事に便利』とか『育児に便利』とか、そういうことで決めたいのに。」

そんな悩みにお答えします。

当記事ではおすすめの間取り情報を随時更新していきます。お気に入り登録してお使いください。

 

Ryotaハウス運営者のRyotaです。

岐阜で小さな家を建てて暮らしています。小さな家だからこそ間取りは厳選。工務店に無理を言ってプランを複数もらい決定しました。おかげで納得行く暮らしができています。

 

当記事では私が調査した間取り情報を全て公開していきます。実際に私の家に取り入れて、どうなったのかも交えてお話していきますね。

家は高価な買い物。慎重になるのは大切ですが、悩んで苦しくなっちゃったらガッカリです。

当記事の情報であなたの家の間取りが決まることを願っています。

1.おすすめの間取り情報『一戸建ての具体例』

小さな家の間取り1F

小さな家の間取り1F

間取りは家の使い勝手を決める大事な部分です。

豪邸でも玄関から冷蔵庫までの距離が遠ければ生活には不便ですよね。あなたの生活から『どういう生活をしたいのか。何をラクにしたいのか』で間取りを決定します。

だから間取りは専門家と相談しつつ、実際に家を建てた人の『失敗例』を参考にするのがポイント。成功例は人それぞれ違いますが失敗例は似てますからね。

 

間取りに悩んだら『間取りの一括請求サービス』を使いましょう。

無料で『複数の専門家から違った間取り』がもらえます。例えば吹き抜けあり・なしの間取りを比較できますよね。同じ間取りで価格が下がることもあります。

詳しいメリットは以下の記事で紹介しています。高い買い物、使えるサービスは全て使って理想の家を建てましょう。

間取り一括請求サービスについて
間取り一括請求サービスを使うメリット『複数の専門家の意見が無料』

続きを見る

 

各記事への目次リンクは以下になります。

間取り全体に関する情報

 

部屋別の間取り参考例

2.細かな間取りの種類・設備・構造に関する情報

たくさんの間取りを比較する

たくさんの間取りを比較する

間取りには種類があります。

水周りを集結していれば『家事に便利』ですよね。吹き抜けはおしゃれな間取りだけど育児には不便です。リビングの階段は封鎖しにくいので。

2Fトイレは清潔を維持できないと『トイレの数が増える』ので、虫が増えるかもしれません。

このような『生活目的別の間取り・設備』についてまとめました。

 

各記事への目次リンクは以下になります。

目的別の間取り情報

 

設備・構造の情報

 

\間取りの一括請求サービス/

国家基準をクリアした優良注文住宅会社600社から請求可能

費用も考えてくれる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

作曲家|メディア運営|フリーライター|のパラレルキャリア。裕福じゃなくてもいいからのんびり暮らしたいと考え、地方に小さな家を建設。在宅スローライフを送ってます。妻と子どもの3人暮らし。詳しくはこちら→プロフィール

-新築一戸建て, 間取り

Copyright© Ryotaハウス , 2019 All Rights Reserved.