新築一戸建て 間取り

子ども1人の間取りは自由がたくさん!2LDKで選べる家の可能性5つを紹介

子ども1人の間取り

「子ども1人の間取りってどうすればいいんだろう。家を買おうと思ってるんだけど…。」

そんな悩みにお答えします。

当記事を読めば『子ども1人の間取りの可能性』がわかります

 

インスタ住宅アドバイザーのRyotaです。お子さん1人の間取りって悩みやすいんですね。

節約ママ
そうなんです。自由度が高すぎて…。
住むだけなら2LDKで問題なしですからね。
Ryota

当記事は、

  • 子どもが1人のあなたへ
  • 2LDKを基本としたどういう間取りが考えられるか
  • 注意点はあるのか

までお伝えしていきます。

当記事を読めば新築に対するワクワク感が増してきますよ。

どうぞ例としてお役立てください。

▼共働きにおすすめの間取り▼

関連記事
共働きにおすすめな間取り
共働きにおすすめな間取りを紹介!これからの時代に必要な4ポイント

続きを見る

▼色んな間取りを建築士さんに作ってもらおう▼

関連記事
間取り一括請求サービスについて
間取り一括請求サービスを使うメリット『複数の専門家の意見が無料』

続きを見る

スポンサーリンク

1.子ども1人の間取り/2LDKで選べる家の可能性5つ

子ども1人の間取りは自由度が高い

子ども1人の間取りは自由度が高い

以下の5つです。

  1. 小さい家にしてコストダウン
  2. 平屋
  3. これからの時代にあった部屋を足す
  4. 生活に便利な部屋を広くする
  5. 庭を広く使う

4人家族と違い、1部屋分をどうするか選べちゃうんですね。

  • 便利な部屋にする
  • そもそも、その部屋をなくす
  • 部屋を減らした分、他の部屋を広くする

4人家族以上に、

夫婦でどういう家を建てたいか目的を話し合うこと

が大切になります。

一例として「こんな家もできるちゃうね。」というお話をしていきますね。

① 小さい家にしてコストダウン

家を小さくすれば価格は抑えられる

家を小さくすれば価格は抑えられる

  • 土地が小さくていい
  • 家も小さくていいので材料費が下げられる
  • 駐車場も無理に3台分必要ない

人気の土地って4人家族向け…50坪なんですね。

30坪~40坪って不人気。価格も落ちてます。

節約ママ
そっか。土地の価格も下げられるんですね。
不人気なら値引き交渉も狙えます。お得ですよ。
Ryota

家も小さければ材料費が減ります。コストダウンできますね。

ただし坪単価は上がります。

水まわりや屋根・基礎が高いですからね。

家の価格を下げて『教育』や『生活費』にまわしましょう。

私の例

私は4人家族で3LDK。でも小さい家でコストダウンの考え方でした。

不人気な40坪ほどの土地を購入。

その地域の相場に対して半値でしたからね。ぜひ土地探しに力を入れてください。

▼土地関係記事の一覧▼

関連記事
いい土地の選び方情報
いい土地の選び方情報 | 安く買うコツ・おすすめポイントのまとめ

続きを見る

② 平屋

2LDKなら平屋も検討できる

2LDKなら平屋も検討できる

  • 老後に使いやすい
  • 階段がないので危険が少ない
  • 日当たりなどの問題はあり

3人家族の特権ですよね、平屋。

節約ママ
そっか。2LDKなら2階を作る必要もないですねー!
もちろん平屋だと広い土地は必要になります。その点は注意。
Ryota

でも平屋ってメリットも多いんです。

階段がないので老後が安心。デザイン住宅的にもしやすいですね。

最近は『無印良品の家』などオシャレな平屋がたくさん登場しています。

ぜひ、選択肢の1つとしてお考えください。

▼平屋のメリットとデメリット▼

関連記事
新築の平屋で失敗しないためのまとめ
新築の平屋で失敗しないためのまとめ/メリット・デメリットを徹底解説!

続きを見る

③ これからの時代にあった部屋を足す

家に職場を作ってみよう

家に職場を作ってみよう

  • 個人オフィス的な空間(コワーキングスペースをイメージ)
  • 化粧をする女性用の書斎(パウダールーム)

共働きが普通の時代になりました。

女性だって男性の書斎的な部屋があってもいいですよね。

節約ママ
だからパウダールームなんですね!確かに化粧部屋は嬉しい。
水まわりを追加設置すればいいですからね。
Ryota

そのまま、コスメ系のYouTubeを開始することだってできちゃいます。

また、リモートワーク・テレワークも推奨されてきました。

サテライトオフィスがあればいいんですが…そういう会社も少ないですね。

自宅で仕事するのなら静かな空間が必要。テレビ会議をする可能性だってあります。

個人のオフィス的な部屋を作りましょう。

私はリビングの一角を作業場所にしています。やっぱり仕事はしづらいですね。

部屋があればよかった…と後悔したので、参考にしてください。

④ 生活に便利な部屋を広くする

1部屋少なくして他の部屋を広くしよう

1部屋少なくして他の部屋を広くしよう

普段から使う部屋は広いと便利なんですね。

  • お風呂 ⇒ 育児で楽。家族で入れる
  • ランドリールーム ⇒ パジャマ収納設置。アイロンだって置ける
  • 玄関 ⇒ 自転車を置ける。部活道具や趣味のものも置ける

トイレも掃除しやすくなります。

私たちはリビングや寝室に目を向けちゃいますよね。それ以外にも目を向けてみましょう。

節約ママ
サンルームだって設置できちゃう…?
そうなんです。リビングに和室も検討できますね。
Ryota

和室を広めにして夫婦の部屋にすれば、寝室すら必要ないかも。

コンパクトで機能的な家をご検討ください。

⑤ 庭を広く使う

庭が広いとガーデニングや家庭菜園もできるね

庭が広いとガーデニングや家庭菜園もできるね

  • シンボルツリーを植える
  • テーブルや机を置いてカフェ風にする
  • アスレチックやアウトドア施設を作る

家を小さくして庭を広くする考えができますね。

今は何でもDIYできる時代。DIY方法もYouTubeで見つかります。

果物を植えるだけでも毎年ワクワクしますよ。

私は小さい庭ですがブルーベリーを2本植えました。

3年かけて実をたくさんつけるようになり、春が来るのが楽しみです。

庭を自分で作れば節約になります。ぜひ挑戦してください。

 

こんな子ども1人の間取りですが、いくつか注意点もあります。

注文住宅とズレますが参考としてご覧ください。

スポンサーリンク

2.子ども1人で家を建てる注意点とは

子どもに家を託すかどうかも悩むね

子どもに家を託すかどうかも悩むね

以下の3つです。

  1. 建売の多くは4人家族向け
  2. 立地的にはマンションが優れている
  3. 資産として需要があるかどうか

少子化が進み3人家族の割合って増えてきたんですね。

でも建売や販売されてる家の多くって『4人家族向け』。

子ども1人の世帯は『賃貸で満足』も多いんです。

節約ママ
ああ、なるほど…。最終的に夫婦だけの家を建てればいいか。
そういう選択肢も生まれます。
Ryota

アパート代は無駄になっちゃいますけどね。

何となく『注文住宅』にする必要なないよねってことなんです。

① 建売の多くは4人家族向け

子ども1人だと建売は無駄が多い

子ども1人だと建売は無駄が多い

  • 予算配分ができない
  • 各部屋の広さを選べない
  • 無駄な部屋がある

スーモを利用して私の住んでいる岐阜県で『2LDK・3LDK』をそれぞれ検索。

当記事を書いている時点で、

2LDK 9件

3LDK 154件

でした。

しかも建売って間取りを選べません。

自由度の高い、子ども1人の間取りの『よさ』が失われちゃうんですね。

節約ママ
建売は選択肢から除外した方がいい…?
もちろん、いい2LDKの間取りがあれば大丈夫ですよ。
Ryota

ただ、建売に2LDKが少ないことを覚えておきましょう。

② 立地的にはマンションが優れている

マンションは立地がいいし、2LDKも多い

マンションは立地がいいし、2LDKも多い

  • 駅の近くなど一等地に立っている
  • 土地代は必要ない
  • 小さな間取りも多い

マンション単位で防犯対策してますよね。

便利だし不安も少ないし…実際に2人・3人家族でマンションを買う人はいます。

節約ママ
狭いのに高い土地ありますもんね。マンションなら問題なしか…。
そうそう。立地だけで見ればマンションは優秀なんです。
Ryota

駅の近くがいい!という方はマンションも視野に入れましょう。

③ 資産として需要があるかどうか

将来的な需要を考えよう

将来的な需要を考えよう

  • 将来売れるか
  • 子どもに譲るとして、子どもが住みやすいか

3LDKを活用してリフォームはできますよね。

でも2LDKをリフォームして4人家族用にするって難しいです。

節約ママ
そっか。そもそも家の広さに限界がありますもんね。
後は2LDKの需要。売る場合、買い手は制限されます。
Ryota

そこまで考えると『2LDK+小部屋』とかいいかもしれません。

将来的な資産価値も含めて間取りを決めてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ:子ども1人は新築で無駄のない間取りにしましょう

子ども1人の間取りはこんな可能性があります。

  1. 小さい家にしてコストダウン
  2. 平屋
  3. これからの時代にあった部屋を足す
  4. 生活に便利な部屋を広くする
  5. 庭を広く使う

個人的には作業・仕事部屋の作成がいいかなと思いますね。

これから先、自宅仕事が増えていきます。

個人で稼ぐのも当たり前になるでしょう。その時に部屋があると作業がはかどります。

子ども1人ならこの『自由』を楽しんで間取りを考えていきましょう。

 

以上、『子ども1人の間取りは自由がたくさん!2LDKで選べる家の可能性5つを紹介』という記事でした。

関連記事
共働きにおすすめな間取り
共働きにおすすめな間取りを紹介!これからの時代に必要な4ポイント

続きを見る

関連記事
間取り一括請求サービスについて
間取り一括請求サービスを使うメリット『複数の専門家の意見が無料』

続きを見る

関連記事
いい土地の選び方情報
いい土地の選び方情報 | 安く買うコツ・おすすめポイントのまとめ

続きを見る

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

作曲家|メディア運営|フリーライター|のパラレルキャリア。裕福じゃなくてもいいからのんびり暮らしたいと考え、地方に小さな家を建設。在宅スローライフを送ってます。妻と子どもの3人暮らし。詳しくはこちら→プロフィール

-新築一戸建て, 間取り
-

Copyright© Ryotaハウス , 2020 All Rights Reserved.