土地 新築一戸建て

【要注意】迷惑な道路族問題について/土地を買う前のチェックポイントも紹介

道路族問題

「買おうと思ってた土地の近く。遊んでいる子どもが多い…大丈夫かな?」

そんな悩みにお答えします。

当記事では道路族問題についてお話しします

 

住宅系インスタでフォロワーが2.8万人ほどいるRyotaです。

このインスタで『道路族について皆さんに注意喚起して欲しい』というお話が来たんですね。

節約ママ
そんな恐ろしい問題なんです…?道路族って。
調べてみると何とも解決できない問題でした。
Ryota

当記事は、

  • これから土地を探すあなたへ
  • 道路族って何なのか
  • どういう土地に道路族問題が起きやすいのか

をお話しします。

解決の難しい問題になっています。ぜひ参考にして土地を選んでくださいね。

▼お宝の多い非公開の土地を知る▼

関連記事
非公開の土地について
非公開の土地ってなに?実は最高の土地が見つかる可能性について紹介

続きを見る

▼土地情報のまとめ▼

関連記事
いい土地の選び方情報
いい土地の選び方情報 | 安く買うコツ・おすすめポイントのまとめ

続きを見る

スポンサーリンク

1.道路族問題とは『解決しづらい理由も紹介』

道路族問題は家族単位の問題

道路族問題は家族単位の問題

道路を私物化しているんですね…。

  • 道路で自由に遊ぶ
  • 子どもが人の敷地内に侵入する。遊び道具が車や家にぶつかる
  • 親が注意しない

BBQで道路に駐車する…という方もいます。

道路を私物化、道路で遊ぶ人たちのこと

今に始まった問題ではありません。昔から道路で遊ぶ人はいました。

節約ママ
私も子ども時代遊んでたかも…。
ぶっちゃけ私も遊んでました。でも、今は時代が違うんです。
Ryota

30年前と違い今は問題化も発展しやすい。

SNSでも拡散も容易な時代です。

  • 特定の個人が攻撃されやすい
  • 他の家族や警察も気軽に注意できない
  • 大問題が怖い(嫌がらせなど)

身の危険も感じます…。

なら、学校に注意すればいいのか。学校側も生徒に厳しい指導ができません。

結局、あなたと道路族が対立する問題になっちゃう

んですね。

道路族の問題点について

道路族問題は被害も出る

道路族問題は被害も出る

  • 騒音問題(ボールの音、声など)
  • 敷地内侵入
  • 遊び道具で車や壁、外構が傷つく
  • 車での移動時に危険
  • ストレス、ノイローゼ

物理的被害と精神的ダメージです。

特に精神的な面が大きいですね…。イライラやストレスでノイローゼ。

新築を買ったのに引越してしまう人も少なくありません。

節約ママ
それはつらい…。問題化しなかったんですかね?
実は裁判になって『問題なし』になった報告もあるんです。
Ryota

しかもご近所問題。

万が一、裁判で勝ったとしても『嫌がらせ』『村八分状態』になるでしょう。

あなたの子どもがいじめられる不安などもありますね。

子どもだけでなく親も問題

親は注意しないんです。それどころか、他のママさんらと話しているケースがほとんど。

  • 道路で遊んでいいと思っている
  • 自分たちの子ども時代も遊んでいた
  • 子どもが遊ぶ声くらいは仕方ないもの

こんな意識です。これを見て、またイライラっとしちゃうんですね。

価値観の問題なので解決が難しい

道路族問題は価値観のぶつかりあい

道路族問題は価値観のぶつかりあい

人ってそれぞれ価値観が違いますよね。

家でたくさん遊びたい。道路も車が来なければ遊んでいい。

そういう方もいます。

一方で、あなたのように、

静かに暮らしたい。家はプライベートな場所。

と思ってる方もいます。

心理的なお話をすれば『内向型』『外向型』だと思うんですね。

それぞれが正しいと譲らないので、お互いがストレス。いい関係になりません。

だから『あなたの生き方に合っている土地』を探さないといけないんです。

 

道路族も集まりやすい土地があります。以下のような土地は要注意ですよ。

スポンサーリンク

2.道路族が集まりやすい土地について

代表的なのが以下の3つ。

  1. 新興住宅地
  2. 行き止まり近く
  3. 近くに遊ぶ場所がない

さらに細かくはインスタグラム投稿も参考になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryota@パラレルワーカー/みんなで作る家づくりアカウント(@ryota_para)がシェアした投稿 -

① 新興住宅地

新興住宅地は若い考えの人が集まりやすい

新興住宅地は若い考えの人が集まりやすい

  • 若い子ども世代が多い
  • 楽しくワイワイやりたい方も多い
  • 車の行き来が限定される

不動産から、

若い世代で楽しく遊べますよ

と言われるケースもあります。そしたら道路で遊ぶ人も出てきますよね。

節約ママ
それはひどい…。売り文句なんですね。
うーん、そういう話は今でも聞きますね…。
Ryota

若いから道路族!というわけじゃありません。

ただ、新興住宅地の方が土地柄的に傾向があるよってことです。

車の通り道にもなりにくいですからね。子どもが集まれば道路でも遊ぶでしょう。

後は家庭環境。その土地の教育に関する考え方も出てきます。

② 行き止まり近く

行き止まり近くは車がとおらない

行き止まり近くは車がとおらない

これまた、不動産で「道路で遊べますよ。」と言われるケースを聞いてます。

理由は『車がとおらない』から。

  • 行き止まりなので車の往来がない
  • 住んでいる人が行き来するだけ
  • 広々と道路を使える

安心だよねってことですね。

さらに、見かける人も知り合いばかり。知らない人は行き止まりに入って来ません。

節約ママ
来客や通販のトラックさえ入ってこなさそう…。
そうなんです。出づらいので、行き止まり前の道路に駐車しますよね。
Ryota

そういうこともあり、より道路で遊びやすい状態となっています。

③ 近くに遊ぶ場所がない

遊ぶ場所があれば、そちらで遊ぶよね

遊ぶ場所があれば、そちらで遊ぶよね

  • 公園
  • 学校
  • 広めの庭

など。

道路以外で遊べるならそちらで遊びますよね。

公園や学校の方が安心。広いので走ったりもできますから。

節約ママ
そうですよね…。小さい公園でもあればよさそう。
自粛問題でも明確化しました。
Ryota

自粛の影響で公園も遊べない。道路族が一気に増えたんですよ。

このことからも『遊ぶ場所の必要性』がわかりますね。

各家庭に少しでもいいから土地があると安心。土地があれば泥遊びなどできます。

何度も土地に足を運んでチェックしよう

  • 平日の夕方
  • 土日の朝

こういう時間帯に音が鳴っていないか確認です。

とくにボールやローラースケート系の音。響くのですぐにわかります。

どこかからボールの音が響けば、あなたの家もボールの音が響きます。

節約ママ
それはヤバイ…。散歩してみます。
ぜひぜひ。一定期間は通い詰めた方がいいですよ。
Ryota

後は、念のため非公開の土地もチェックしましょう。

もっといい土地があればそれで済む問題です。選択肢を増やすことが大切ですよ。

▼お宝の多い非公開の土地を知る▼

関連記事
非公開の土地について
非公開の土地ってなに?実は最高の土地が見つかる可能性について紹介

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ:道路族のいる土地は避けましょう

道路族とは以下のような家族のことです。

  • 道路で自由に遊ぶ
  • 子どもが人の敷地内に侵入する。遊び道具が車や家にぶつかる
  • 親が注意しない

価値観が違うので注意では対応できません。

長い期間問題化し、裁判になったケースもあります。

ご近所問題は改善も難しい…。道路族問題は事前に調べて避けるのが解決策ですよ。

 

以上、『【要注意】迷惑な道路族問題について/土地を買う前のチェックポイントも紹介』という記事でした。

関連記事
非公開の土地について
非公開の土地ってなに?実は最高の土地が見つかる可能性について紹介

続きを見る

関連記事
いい土地の選び方情報
いい土地の選び方情報 | 安く買うコツ・おすすめポイントのまとめ

続きを見る

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

作曲家|メディア運営|フリーライター|のパラレルキャリア。裕福じゃなくてもいいからのんびり暮らしたいと考え、地方に小さな家を建設。在宅スローライフを送ってます。妻と子どもの3人暮らし。詳しくはこちら→プロフィール

-土地, 新築一戸建て

Copyright© Ryotaハウス , 2020 All Rights Reserved.