節約マイホームで豊かな暮らし

Ryotaハウス

家のQ&A 新築一戸建て

【アンケート】頭金っていくら必要?新築を建てた71名に調査した結果をまとめて公開

頭金はいくら必要か

「頭金っていくら必要なんだろう。頭金なしでも家って建つの?」

そんな疑問にお答えします。

当記事では新築を建てた71名の頭金アンケート結果をご紹介します

 

550万の土地を一括で買ったRyotaです。新卒の頃からコツコツ貯めてました。

節約ママ
やっぱり頭金あるといいですよね…。貯めるべきなのかな。
そうとも言えません。頭金を貯める時間が長いとリスクがあるからです。
Ryota

アパート代も無駄だし、金利が上がっちゃうかもしれませんよね。

皆さんがどう考えたのか『インスタで頭金のアンケート』を取りました。

71名の方が『頭金+どうやって貯めたのか』に答えてくれました。参考になれば嬉しいです。

資金繰りや住宅ローン比較もして頭金をいくら貯めるか決めましょう

▼住宅ローンの支払いアンケートはこちら▼

関連記事
住宅ローンの返済額について
住宅ローンの月々返済額っていくら?85名に聞いたアンケート結果と平均額を紹介

続きを見る

▼資金繰りを出すなら家作り計画書▼

関連記事
これからマイホーム計画のあなたへ
これからマイホーム計画をするあなたへ『家作り計画書』を作るメリット

続きを見る

スポンサーリンク

1.頭金っていくら必要?新築を建てた71名に調査した結果

頭金アンケート結果

頭金アンケート結果

上記の図ではわかりやすく金額をまとめています。

さらに詳しい内訳は以下のとおりです。

インスタで71名が答えた頭金アンケート結果

  • 2,000万 2人
  • 1,500万 3人
  • 1,200万 2人
  • 1,000万 4人 
  • 800万 1人
  • 600万 1人
  • 500万 4人
  • 450万 1人
  • 440万 1人
  • 400万 3人
  • 350万 1人
  • 300万 7人
  • 250万 2人
  • 200万 5人
  • 150万 1人
  • 100万 2人
  • 20万 1人
  • 頭金なし 30人

1位は頭金なしの方でした。フルローンですね。

ただし『住宅ローン控除を狙って頭金ゼロ』という考えの人もいらっしゃいます。

2位が300万。100~300万の間は一般的な頭金の額ですね。

諸経費を支払いやすい額。住宅ローンも少し安くできます。

意外に多かったのが1,000万以上の方。親の援助を受けた人が多かったです。

頭金をどうやって貯めたかのアンケート結果

一部の人が頭金の貯め方に答えてくれました。

頭金を貯めた方法

  • 普通車から軽自動車に乗り換え、格安simへ変更、NTTの解約
  • 共働きでボーナスを全部貯金
  • 外食とコンビニ弁当をやめて4ヶ月で60万貯める
  • 食費を落として節約
  • 親に借りる
  • 親の援助
  • 就職してから全部貯金

親の援助と『共働き』、コツコツと節約する人が多数でした。

短期間で頭金を貯めないとアパート代が無駄になります。ぎりぎりまで固定費を切り詰めるのは正しい方法ですね。

共働きでボーナスを貯めるのも現実的。1年で100万貯まれば立派な頭金になります。

節約ブログと節約アカウントを開設しました。

節約に役立つ情報まとめ記事を公開していますので、良ければお役立てくださいね。

【節約ブログの貯金術】Ryotaマネーツリー/年間50万お得にする情報のまとめ

インスタ節約アカウント @ryota_para_money

スポンサーリンク

2.頭金をいくら貯めるか決める3つの方法

頭金をいくら貯めるか決める方法

頭金をいくら貯めるか決める方法

以下の3つです。

  1. 月々の住宅ローン返済額を考える
  2. 家作りの総額を検討する
  3. 住宅ローンの金利をチェックする

頭金をいくら貯めるかって人によって答えが違います

ポイント

  • 高い家を建てる人 → 頭金が多い方が楽
  • ほどほどの家を建てる人 → 頭金が少なくても建つ

後は『どのくらいの期間で貯める』かです。

節約ママ
早く貯めちゃった方がいいんです?
アパート代も無駄になりませんし、超低金利で住宅ローンが借りられますよね。
Ryota

今後、金利が上がるかどうかってわかりません。現時点で固定金利を受ければ安心です。

① 月々の住宅ローン返済額を考える

月々の住宅ローン返済額を考える

月々の住宅ローン返済額を考える

頭金が多くて住宅ローンの借入額が減らせた場合、月々の返済額が減ります。

節約ママ
あ、なるほど。そりゃそうですよね。
月々7万しか支払いたくないなら頭金を多めにしないとダメです。
Ryota

私の場合、金利0.8%2,200万借入で月々6万ほどの返済になってます。

でも頭金で土地を一括購入。家+土地だと2,800万くらいかかってますね。

私と同じ状況にしたいなら頭金を用意しないと厳しいです。

逆に月々の支払いが8万でも問題ないならフルローンで家を建てることも可能。

※もちろん住宅ローンがいくらまで借りれるかは人それぞれです。

家賃は手取りの3割ほどが安定する

余談ですが、家賃は手取りの3割がいいと言われてます。

手取り20万なら6万円。手取り18万なら5万4千円

私もこの話を聞いていたのでアパート代を月収の3割ほどにしていました。

住宅ローンの支払いも月収の3割に抑えるべく、節約して小さな家にしましたね。

世帯年収で考える場合、今後もずっと働けるかどうかを検討してくださいね。

② 家作りの総額を検討する

家づくりの総額を検討する

家づくりの総額を検討する

家づくりにいくらお金を出せるかを決めます。その目標額に向けてお金を貯めましょう。

節約ママ
それって先に決めることなんです?
その後の工務店選びにも関わる重要項目です。
Ryota

例えば『家が大好きで4,000万お金をかけたい』のならハウスメーカーも検討できます。

でも、『年収も低いし2,800万が限界』ならハウスメーカーは無理。

ハウスメーカーで建てたいなら、無理にでも頭金を増やさないといけません。

ポイント

  • 住宅ローンは年収の6~7倍程度まで出る
  • 家を建てたい地域の建売価格をチェック。新築ならそれより高い
  • 住宅ローンで足りない額を頭金の目標額にする

家作り計画書を使って資金繰り+総額を決めよう

とは言え、家の価格って想像できません。建売が販売されてない地域もあります。

そこで『家作り計画書サービス』を利用。複数の業者さんから資金繰りを出してもらいましょう。

節約ママ
たたき台に使えそうですね!
そうなんです。圧倒的に資金不足なら頭金を貯めないとダメ。そういう判断ができますよね。
Ryota

▼資金繰りを出すなら家作り計画書▼

関連記事
これからマイホーム計画のあなたへ
これからマイホーム計画をするあなたへ『家作り計画書』を作るメリット

続きを見る

③ 住宅ローンの金利をチェックする

金利が銀行によって違う

金利が銀行によって違う

金利が違うと住宅ローンの返済額は大きく変わります

節約ママ
たった1%とかで変わるんです?
30年の住宅ローンで金利が1%上がると利息が1.4倍以上になります。
Ryota

2,500万で30年ローンの場合、500万近く支払いが増えますね…。

だから住宅ローンの金利を安くするって大事。コネがあれば利用すべきです。

コネがなければ以下の方法を試しましょう。

住宅ローンの金利を安くする方法

  • 住宅ローンを比較検討する
  • 審査が通るかどうか、仮審査を受ける
  • 低金利で評判のいい銀行の本審査を受ける

※不動産や工務店が仲のいい銀行さんを持っている可能性もあります。金利を優遇してもらいやすいので相談するのもありですよ。

金利の安い住宅ローンに審査がとおるか試してみよう

住宅本舗を使えば最大6銀行まで、住宅ローンの仮審査を依頼できます。

これで低金利の銀行に融資がとおるかどうかの判断ができますね。

70金融機関の金利を一覧で確認できるので『確認だけでも勉強』になりますよ。

\最大6銀行に一括仮審査!/


申し込める銀行がわかる
1番いい銀行の本審査に進める

スポンサーリンク

まとめ:頭金がなしでも家は建ちます

頭金ゼロの人が圧倒的に多かったのは意外でした。

やっぱり金利が安いこと。家がないと将来が不安な点が大きいのかなと感じます。

家が欲しいけど行動できなかったあなたは、このアンケート結果を元に頭金を決定。家づくりをスタートしましょう。

 

以上、『【アンケート】頭金っていくら必要?新築を建てた71名に調査した結果をまとめて公開』という記事でした。

 

関連記事
これからマイホーム計画のあなたへ
これからマイホーム計画をするあなたへ『家作り計画書』を作るメリット

続きを見る

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryota@パラレルワーカー

Ryota@パラレルワーカー

作曲家|メディア運営|フリーライター|のパラレルキャリア。裕福じゃなくてもいいからのんびり暮らしたいと考え、地方に小さな家を建設。在宅スローライフを送ってます。妻と子どもの3人暮らし。詳しくはこちら→プロフィール

-家のQ&A, 新築一戸建て

Copyright© Ryotaハウス , 2020 All Rights Reserved.